なぞなぞ nazo2.net(ナゾツーネット)

2021年2月23日の記念日・行事で使える、なぞなぞ&雑学クイズのネタ!

2021年2月23日の記念日・行事・イベントで使える、なぞなぞや雑学クイズを紹介します!


Warning: array_unshift() [function.array-unshift]: The first argument should be an array in /home/users/1/pepper.jp-nazo2/web/calendar/global_data/day_data.php on line 171
  • 天皇誕生日

    国民の祝日。天皇の誕生日を祝う日。

    1948年(昭和23年)に祝日法により制定。事実上、日本の「国家の日」(ナショナル・デー)と言える。 日付は今上天皇(第126代天皇徳仁)の誕生日にあたる2月23日である。 1989年(平成元年)から2018年(平成30年)までは現在の上皇(第125代天皇明仁)の誕生日にあたる12月23日であった。 2019年(平成31年/令和元年)は、当時の天皇陛下(明仁さま)が4月30日に退位し、皇太子徳仁親王が5月1日に新天皇に即位したため、1948年(昭和23年)の祝日法施行以来初めて「天皇誕生日」のない年となった。

    昭和天皇の誕生日は1901年(明治34年)4月29日で、現在の「昭和の日」、大正天皇の誕生日は1879年(明治12年)8月31日。 明治天皇の誕生日は1852年(嘉永5年)9月22日(旧暦)であったが太陽暦の採用で、1873年(明治6年)以降は11月3日に変更となった。現在の「文化の日」である。


  • 税理士記念日

    東京都品川区大崎に事務局を置く、日本税理士会連合会が1969年(昭和44年)に制定した記念日。

    日付は、1942年(昭和17年)の2月23日に、「税理士法」の前身である「税務代理士法」が制定されたことに因む。 その後、シャウプ勧告で税制改革が行われ、1951年(昭和26年)に「税理士法」が制定されことにより、これまでの税務代理士に代わって税理士が生まれた。


  • 富士山の日

    1987年(昭和62年)から2006年(平成18年)までニフティ株式会社が運営していたパソコン通信サービス「Nifty-Serve」内の同好会「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」が1996年(平成4年)1月に制定。 また、富士山が跨る山梨県河口湖町が2001年(平成13年)12月に、同じく静岡県が2009年(平成21年)12月にそれぞれ制定している。

    日付は「ふ(2)じ(2)さん(3)」の語呂合わせによる。またこの時期は富士山がよく望める時期となる。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されている。


  • ふろしきの日

    「京都ふろしき会」と「日本風呂敷連合会」が2000年(平成12年)制定した記念日。

    日付は「風呂敷」の使い方「包み」に因んで「つ(2)つ(2)み(3)」の語呂合わ。その風呂敷の価値を広くアピールすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されている。


  • ふみの日(毎月23日)

    郵政省(2001年廃止)が1979年(昭和54年)に制定した7月23日の記念日を、毎月23日に拡大した。

    「手紙の楽しさ、手紙を受け取るうれしさを通じて文字文化を継承する一助となるように」という願いと、郵便物の利用促進を目的に当時の郵政省によって設立された。

    日付は、旧暦7月を「文月(ふみづき)」とよむことと、2(ふ)3(み)の語呂合わせで、7月23日となった。これが拡張し現在は毎月23日が「ふみの日」となっている。


  • 天麩羅の日(毎月23日)

    もともとは7月23日の「大暑」が「天ぷらの日」となっていたものを、毎月の記念日とした。

    当初の日付は、一年で最も暑くなるこの時期に、天ぷらを食べて夏バテを防止しようというものだったが、現在では毎月の記念日となっている。


  • 乳酸菌の日(毎月23日)

    愛知県名古屋市に本社を置き、飲料・食品等の製造販売を行うカゴメ株式会社が制定した記念日。

    日付は「に(2)ゅうさん(3)」(乳酸)の語呂合わせによる。毎月23日の他に、2月3日も同じ語呂合わせにより記念日となっている。体に良い乳酸菌を活用した商品で元気になってもらうことが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されている。


  • 国産小ねぎ消費拡大の日(毎月23日)

    福岡・大分・佐賀・高知・宮城各県のJA全農県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が制定した日。

    11月23日の「小ねぎ記念日」を毎月に拡大したもの。国産小ねぎの販売促進が目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。


  • 踏切の日(毎月23日)

    6月23日の踏切の日を毎月に拡大したもの。

    梅雨で雨が多い6月は踏切事故が発生しやすいため、事故を防止するために設けられたとされるが、詳しい由来は不明。一般社団法人・日本記念日協会にも登録されていない。



2021年2月24日の記念日・行事で使える、なぞなぞ&雑学クイズのネタは!

2月】に関連するブログ記事

IQテスト